About MATSUHARA

HISTORY
創業者・松原福市は、明治38年四国香川県に生まれ、尋常小学校卒業後、大阪天王寺にあったガマグチ製造会社へ丁稚奉公に出ました。その後独立し、天王寺区小宮町にてガマグチ財布を製造販売していましたが、終戦直後の昭和20年秋に心斎橋筋2丁目1-24にて松原福助堂として袋物販売を始めました。すぐに法人化し、店名「マツハラ」として心斎橋を本店に、大阪市内の百貨店やモールに出店していきました。

二代目・松原龍男は、さらに出店を進め、トラサルディ専門店オープンし、銀座にも進出しました。 しかし、バブル崩壊後の関連会社の債務保証問題がひびき、1990年以降は事業縮小を余儀なくされました。

三代目・松原龍一郎は、初代の口癖であった「お前はサラリーマンになるなよ」を守らずしばらくサラリーマンを日本と米国で経験したのち、ある事業に関わって経営者として奮闘していましたが、その間、実家の事業を顧みない親不孝者でした。二代目の病を機に松原福助堂の経営に関与をはじめ、すべての財務問題を、苦しみもがきながも、最後は幸運に恵まれ解決しました。現在は、残った元気な京阪モール店をさらに盛り上げ、新たな展開のスタートを切っています。

PHILOSOPHY
常に明るく、
人の生活に欠かせないバッグの可能性と、お客様のご満足を追求し、
物心両面の幸福を目指します。

株式会社松原福助堂/MATSUHARA

創  業:昭和20年10月

事業内容:カバン、ハンドバッグ、キャリーバッグ、財布などの販売

店  舗:京橋京阪モール1階

取扱い
ブランド:PORTER, LUGGAGE LABEL, CASTELBAJAC, ace., PROTECA, Kanana project, PROGRES, NINA RICCI, LANVIN, など

TEL/FAX:06-6353-2400

© 2021 Bags, MATSUHARA | Revolve by AccessPress Themes